自分で名刺作成をする方法とメリット

名刺作成をするときには自分でやることも業者に依頼することもできます。自分でやるのにはどのような魅力があるのでしょうか。名刺作成をするときには全体像がどのようになっているのかをまず理解しておくのが大切です。

ここでは作成の流れを説明した上で自分で名刺作成をする方法と、メリットやデメリットについて説明します。

名刺作成をする流れ

名刺作成をするときには大きく分けると三つのステップになります。最初のステップは目的を決めることです。なぜ名刺を作成するのかを考え、誰に渡すつもりなのかを検討してみましょう。会社員として名刺交換のために使う名刺なのか、個人事業主として営業に使うためのものなのか、同窓会などで自分の紹介をするために使いたいと思っているのかによって、どんなデザインにしたら良いかが違います。

本当に自分で作るのが良いのかどうかを判断する上でも重要になるポイントなので必ず目的を具体的に定めましょう。次にステップはデザインの作成です。名刺に印刷したい情報をまとめてどのようにレイアウトするかを決めます。

また、どんなイメージを与えたいのかも加味して色やオブジェクト、紙の種類や厚さなどについても検討しましょう。光沢の有無によって印象が大きく違いますが、光沢に合う色やデザインかも異なります。そのため、全体のイメージをよく考えて具体的にデザインに落とし込んでいくという流れで作っていくと良いでしょう。

こだわりたい部分から順次作り上げていくというやり方もできますが、完成したときに物足りない部分が出てきてしまうこともあるので注意が必要です。最後のステップは印刷です。デザインが完成したら印刷することが必要になります。

その印刷の仕方によっても仕上がりが大きく異なるので注意しましょう。また、枚数によって自分で印刷するのが良いか印刷業者に依頼した方が良いかも異なります。一般的には枚数が多いときほど業者に依頼するメリットが大きくなるので検討してみましょう。

ただ、その際にも品質重視、価格重視といった形で色々なタイプの印刷業者があることを念頭に置いて比較検討することが必要です。ここでは自分で印刷する方法を紹介しますが、デザインは自分で作って印刷は業者に任せるという選択肢もあることは念頭に置いておきましょう。

デザインするときの方法

自分で名刺をデザインするときにはすべて一からデザインすることもできますが、テンプレートや有料または無料の素材を使うこともできます。時間をかけてでもオリジナリティが高くて、こだわりを徹底的に反映した名刺を作り上げたいという場合には一から全てオリジナルにするのがおすすめです。

特に個人事業主が営業に使うというような場合にはインパクトがないとなかなかクライアントに覚えてもらえないので、どこかで見たことがあるような名刺にならないようにテンプレートの使用は避けた方が良いでしょう。素材については使用しても問題ありませんが、統一感があるように仕上げることを意識するのが必須です。

簡単に作りたいならテンプレートを探して作成するのが良いでしょう。無料で自分で手を入れても構わないテンプレートもたくさんあります。たたき台があるだけで比較的作るのも容易になるので、デザインを一から作るのは心配な人はテンプレートを使うのがおすすめです。

印刷するときの方法

印刷するときには自分でやるにはプリンターが必要になります。名刺を印刷するときには専用の用紙を利用するのがおすすめです。名刺用に設計された用紙が販売されていて、色々な種類の用紙があるので希望に合っているものもきっと見つかるでしょう。

上質紙やマット紙、コート紙があってさらに厚さもいくつか用意されています。これをインクジェットプリンターで印刷すればフルカラーの名刺でも簡単に作成できます。ただ、インクジェットプリンターにもこだわらないと、意図していたような色合いが出ないなどの問題が生じることもあるので注意が必要です。

試しに印刷してみてデータの方を修正するか、プリンターを切り替えて納得できる仕上がりにしましょう。

自分でやるメリットとは

このように一連の作業を見てみると自分でやるメリットはオリジナリティが高いだけではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、それはかなり大きなメリットで、相手に与えるインパクトを自分で自由に変えられます。

外部に依頼してしまうと、同じ業者に依頼した人とは似通ったイメージの名刺になってしまいがちです。本気で一から作った名刺なら差別化できるのできっと相手に覚えてもらえるでしょう。また、自分でやるとコストも抑えられるのもメリットです。

業者委託には時間がかかりますが、自分でやれば即日で仕上げることもできるでしょう。時間的にもメリットが生まれる可能性があるという点も考慮して、自分でやるという選択肢を検討した方が良いでしょう。

自分でやるデメリットとは

自分で名刺作成をやるデメリットは手間がかかること以外にはほとんどありません。デザインを一から作る場合には本当に時間がかかることも多く、何日もかけて仕上げていることもよくあります。仕上げられれば達成感はありますが、なかなか納得できるものにならなくて嫌になってしまうこともあるでしょう。

その時点で外部委託をするという選択肢もあるものの、それまで苦労してきた意味は何なのかと悩んでしまうことになりかねません。デザインセンスがある人にとっては魅力的ですが、そうではない人にとってはリスクが高い方法でもあります。

また、印刷については自分でやるよりも外部委託をした方が安上がりになることもあります。大量の場合には原材料の調達コストが安い業者の方がコストがかからないことが多いからです。数千枚単位で印刷するようなときには業者に依頼することも検討してみましょう。

見積もりを取ってから依頼するかどうかを決めれば問題ありません。

全体像を理解して名刺作成を始めよう

名刺作成を自分でやるときには目的を決めてデザインを仕上げ、さらに印刷をすることが必要です。どのような方法でも目的は決める必要がありますが、デザインや印刷は自分でやるのにメリットもデメリットもあります。

自分が本当に全て自力でやると良いのかはよく考えてみましょう。その上でやはりやりたいと思ったら取り組み、そうでないなら外部委託も併用するのがおすすめです。